FC2ブログ

おらKLCさ行くだ。

卵管閉塞,体外受精,多嚢胞性卵巣(PCO),ラパロ(腹腔鏡手術)。地元でのへんてこな不妊治療に疲れ果てたボロボロの私でしたが、加藤レディースクリニック(KLC)を目指してついに上京!!不妊治療に対する認識が変わりました。今なら自信を持って言える!!不妊治療はつらくない!!

2019-09


タイミング

平成16年8月9日 生理周期20日目

昨日と今日、
夫婦生活、持ちました。

どちらかで良いと言われていますが、
どちらもしておきました。
(*'-'*)




★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

排卵誘発剤の恐怖

平成16年8月7日 生理周期18日目

hCG5000注射しました。

先生
「今日、排卵するからタイミングね。」

夫婦生活のことですね。

内膜も卵胞も問題ないと言われました。

そして、3日後からノアルテンを服用、
8月の生理が来たらプレマリンとノアルテンを服用、
9月の生理が来たら、
いよいよ体外受精周期です!!


ところで・・・

このときは、
何の疑問も感じずにhCG注射を打たれてましたが、
今は、
すご~く無駄だなぁ(;´д`)
と思っています。

『両側とも卵管閉塞してるから
自然妊娠するはずがない』

というのも当然そうですが、
私の場合、排卵に障害はなく、
『注射しなくても自然に排卵できる』
カラダなんです。

だから、注射を打たなくても、
『タイミングだけ教えてもらって、
夫婦生活を持つ』

という方法で良かったはずなんですよね。

これは私の手元にある不妊の本でも、
『正常に排卵があるのに、
なぜ排卵誘発剤??』

と疑問視されていて、
その本によると、
『大量・長期の排卵誘発剤の使用は、
かえって不妊につながる』

そうです。

当時は、
「自然に排卵するより、
注射を使った方が妊娠しやすい」

と思っていたところもあったのですが、
そんなことは全くないそうです。

本からの引用になりますが、
『卵子の成長が悪いからと
一回の注射量を平気で増やされた症例
(連日300~450単位以上)は、
ほとんどその後に
良好卵子を採取するのは絶望的』

だそうです。

この部分を読んで私はぞっとしました。
皆さんは大丈夫ですか?

この日のお会計
ノアルテン8日分とhCG5000単位 2,320円


◆出典◆
不妊治療はつらくない」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社






★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

前頁へ移動する«  | HOME |  次頁へ移動する»

 

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ピノコ

Author:ピノコ
田舎在住・上京し加藤レディースクリニック(KLC)で不妊治療中です!!
⇒詳しいプロフィールはこちら

カウンター

 

参考図書

不妊治療はつらくない 」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
ブログランキング
参考になる不妊ブログがたくさんあります。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: