FC2ブログ

おらKLCさ行くだ。

卵管閉塞,体外受精,多嚢胞性卵巣(PCO),ラパロ(腹腔鏡手術)。地元でのへんてこな不妊治療に疲れ果てたボロボロの私でしたが、加藤レディースクリニック(KLC)を目指してついに上京!!不妊治療に対する認識が変わりました。今なら自信を持って言える!!不妊治療はつらくない!!

2018-09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

先生~!!私を受け入れて~!!

平成17年4月22日 生理周期2日目
(続き)

診察室へ入ると、
A先生は手元の紙を見ていました。

私が先ほど書いた、
転院先での治療メモでした。

私が椅子に座ると、
A先生は顔を上げて
開口一番、

A先生
「どうしてB大学病院で
体外受精しなかったんですか?」

と聞きました。

私にはそれが
『どうしてここに戻ってきたの?』
という意味に聞こえました。

そして、以前この医師から
「もうあなたには体外受精できません。」
と言われた事が頭をよぎり、
『やっぱり断られるのか?!』
と怯みました。


「B大学病院は予約制ではないし、
診療時間も短く、
仕事との両立が厳しかったので・・・」

A先生
「それ以外の理由はないんですか?」


「え(・_ .*)?
ありませんけど・・・??」

「どういう意味ですか??」的な疑問調で
答えたつもりでしたが、
A先生は完全にスルーし、
カルテやら紹介状やらに
目を落としたまましばし沈黙・・・。


これはもう断られそうな予感~。
(;´д`)


沈黙に耐え切れず、


「先生、
体外受精をお願いしたいんですけど・・・。
ラパロ後のゴールデン期間のこともあるので、
できればすぐに体外受精をしたいです。」

A先生
「まず子宮鏡をします。
待合室でお待ち下さい。」

唐突に診察が終わりました。

もっと話がしたかったけど、
先生の機嫌を損ねないよう、


「ありがとうございます。」

と一言だけ残して診察室を出ました。

すごく気を遣った・・・。
(〃´o`)=3 フゥ

もう少し親切な人だと思っていたけど、
今日は事務的で冷たい。
もちろん歓迎されるとは思っていないけど、
態度が露骨過ぎやしませんか?
( ̄∩ ̄#



とにかく断られなかったことに
一安心はしましたが、
新たな疑問が湧いてきました。

子宮鏡は前の体外受精の前に
一度やっています。

その時は、
子宮の入り口が狭くて、
2.5ミリのカメラが入っていかず、
結局、検査はできませんでした。

しかし、A先生曰く
「検査できなくても大丈夫」
とのことで、
予定通り体外受精が行われました。

どうして、今また子宮鏡なんだろう?
(゚ペ)?


心に引っかかるものを感じましたが、
『体外受精の前には
子宮鏡をするものなのかな~。
特に私の場合は前に失敗しているし、
リトライってことかな~。』
と、軽く考える事にしました。

しかし、
この子宮鏡こそが、ある意味、
私の不妊治療の
ターニングポイントとなるのです。

(もう少し続く・・・)



★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

はじめまして

不妊治療を開始して3年が過ぎようとしています。
私の住んでいる地域も不妊治療を行っている病院が
少なくて、さらに、仕事を続けながらはピノコさん
同様に、難しく今年の2月に退職をしました。
今までは無知のまま、先生に任せっきりでしたので
少しでも知識を入れてと思い、色々な方のブログへも
お邪魔させていただいています。
すべて読ませていただきましたが、
やはり、自分の事ですからね、少しでも知識がないと
と再確認しました。
これからも、お邪魔させていただきます。

しじみさんへ

はじめまして!!コメントありがとうございます。全て読んでいただいたとのこと、嬉しいです!!
しじみさんは退職されたんですね。治療費の意味でも社会的な意味でも、仕事と治療の両立ができる環境が理想なのに、それが難しいのが現実ですよね。働く女性に協力的な病院がもっともっと全国的に増えて欲しいです!!
それと、しじみさんの言うとおり『自分のことだ!!』っていう自覚は大事ですよね。先生に任せっきりにしないって実際はすごく難しいことだけど、この自覚はきちんと持っていたいな~と私も思います。これからもよろしくお願いします!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oraklc.blog82.fc2.com/tb.php/97-2e189c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ピノコ

Author:ピノコ
田舎在住・上京し加藤レディースクリニック(KLC)で不妊治療中です!!
⇒詳しいプロフィールはこちら

カウンター

 

参考図書

不妊治療はつらくない 」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
ブログランキング
参考になる不妊ブログがたくさんあります。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。