FC2ブログ

おらKLCさ行くだ。

卵管閉塞,体外受精,多嚢胞性卵巣(PCO),ラパロ(腹腔鏡手術)。地元でのへんてこな不妊治療に疲れ果てたボロボロの私でしたが、加藤レディースクリニック(KLC)を目指してついに上京!!不妊治療に対する認識が変わりました。今なら自信を持って言える!!不妊治療はつらくない!!

2018-09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

みなさんへ。不安を与えてしまってごめんなさい。

先日、このようなコメントを頂きました。

--------------------------------

(「現在不満を感じながら通院している。
このブログは自分の通っている病院のことではないか。
だとすれば今後の治療を考えたいので県名だけでも教えて欲しい」
とした上で)

(・・・略・・・)
正直いうとこういうふうに書かれると
田舎でそして北国で不妊治療している人にとっては
とても不安です。
もしこの病院が自分が通院している病院だったら・・・
ととても不安になります。
ましてや読んでいると
「あれ?この病院・・まさか・・・」
と思い当たる病院があるので。。。
書くのはいいのですが
「北国で間違いだらけの不妊治療」
北国で不妊治療している人の気持ちも
考えてほしいです。
--------------------------------




少しでも多くの方に参考になれば・・・
と思い始めたブログでしたが、
参考になるどころか、
不安・ストレスを増やす結果になってしまって、
本当にごめんなさい。

私がブログを始めてから、
たくさんの方から非表示のコメントやメールを頂きます。
そのほとんどの方が、
「自分も同じような疑問を感じたり、
ミスをされたりしながら治療をしている」
というものです。
こんなにも多くの方が、
疑問だらけの治療をしているのか・・・と
驚いていますし、
なんとかならないものかと、
もどかしい気持ちで一杯です。

「自分の県のことではないか」
というメールもいくつか頂きます。

今まで、その質問にはプライバシーの関係で
答えてきませんでしたが、
今後も「ノーコメント」とさせて頂きたいと思います。
失望させてしまってごめんなさい。

でも、これだけは伝えたい。書かせてください。
自分の県だと分かったらどうでしょうか?
すぐにでも転院しますか?

また、自分の県じゃないと分かったらどうでしょうか?
しばらくは今のまま通院しますか?

私は、特定の病院を
批判しているのではありません。

間違いだらけの不妊治療は、
全国どこにでもあると思います。

私のブログが、
自分の県じゃないからといって
安心できるでしょうか。

今現在、疑問を感じながら治療しているという事実は、
変わらないのではないでしょうか?

私は、しなくてもいい治療を受け、
本当に苦しみました。
不妊治療は本当に辛いものだと思っていました。
ゴールまでの道のりが果てしないものに思えていました。
それこそ、真っ暗な長い長いトンネルを、
足を引きずりながら歩いているようなものです。

しかし、体外受精の実績でトップクラスの病院に転院してみると、
あっさりとそのトンネルに光が射したのです。

「病院間の技術の格差はこんなにもあるのか。
そしてそれに私たち患者は悩まされているのか。」
本当にそう感じました。
もちろん、私たち患者自身のコンディションの事情もあります。
それも辛い。
しかし、ドクターの曖昧な態度、
「とりあえず」の治療、
不信感に悩まされている方のほうが多いのではないでしょうか。

今までのAクリニックの記事を読んで、
Aクリニック批判に感じている方も多いと思います。
しかし、私はAクリニックには感謝しているんです。
KLCを紹介してくれたのはAクリニックですから。
どこも紹介せず、
何年も治療を続けるという選択もあったはずです。
自分の限界を正直に話し、
受け皿として東京の病院を紹介してくれた
先生に感謝しているんです。
(このへんの話は今後書こうと思っています。
現時点のブログではここまで言及していないので
理解しにくい点もあると思います。)

今現在、
Aクリニックに通っている方もたくさんいると思います。
私はその方々に、
「Aクリニックはやめたほうがいい」
と言うつもりは全くありません。
Aクリニックで妊娠された方もたくさんいると思いますし、
納得のいく治療を受け、通院されている方もたくさんいると思います。

結局は、自分が先生との間に信頼関係を築けているか、
納得のいく治療を受けているかどうかなのではないかと思います。

もちろん、こう書くのは簡単ですが、
実践するのはすごく難しいです。
でも、結局のところ、そうだと思うんです。

満足のいく治療を受けている場合は、
このブログが自分のクリニックのことだと分かっても、
通院を続けるべきだし、
疑問だらけの治療を受けている場合は、
このブログが自分と関係ないクリニックのことだとしても、
先生との関係を築きなおすか、
転院を考えるべきだと思います。

私は初め、
東京より北は不妊治療が遅れていると思っていました。
それで北国と書きました。
しかし、南の方からも東京からも、
共感のメールを頂いています。

それが紛れもない不妊治療の現状なのだと痛感しています。

今まで、
質問を受けても答えを保留にさせていただいていた皆さん、
本当にごめんなさい。
どうか、ご理解いただけることを願います。




★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

難しいですね・・・

色んな方全てに理解してもらうってのは難しいですね・・・
でも、自分(患者)と先生との信頼関係がちゃんとあるか??
自分が納得のいく治療をしているのか??
そのことを考えてもらういい機会だったと私は思っています。
考える機会を与えてもらって感謝しています。

すみませんが理解できません。

お気持ちはわかりますが、ネガティブ&怒りばかりが伝わってきてしまうようなあなたの文章力にも問題があると思います。
不妊という繊細な分野でこのような内容のブログを立ち上げ、更にランキングに登録されていますけど、多くの方にこのブログを読んでもらいたいからなんですよね?だったらあなたには不妊治療の現状を正しく伝える事ができていないと思います。
ごめんなさいと言っていても実際には全然謝ってないどころか、自分個人の意見を強く主張なさってるだけのこの記事で、更に不快や不安になる方も多いと思います。
とても残念です。

この調子で頑張ってください

不特定多数の人たちに向けて、実際の体験を通して今の日本の不妊治療の現状に疑問を投げかけているこのブログは大変貴重なものだと私は思います。

それは誰だって、自分の県のことかな、北国という地方は自分にあてはまるなど、色々と不安になるかもしれませんが、そういう不安を個人個人が本を読んだり、知識をつけたり、先生ともっと深くはなしあったりして、払拭していければ不妊治療の向上につながると思います。 

日本の医療現場において、患者は受身のことが多く、医師の言うことはすべて正しく、神様と信じている人たちは、日本には結構いるものです。  そういう環境は医師にとって医療にとって決して良いことではなく、患者側のコミットは医療向上に必ず、役立ちます。

ぴのこさん、どうぞ他の方が不安になるからといって、このブログを書く手に躊躇しないでください。
このブログによって、日本全国各地で小さくて見えないながらでも、良い影響がポツポツと出ているはずです。
そんな人たちは、声をあげてぴのこさんに伝えては来ませんが、そういう方たちのほうが圧倒的に多いはずです。

不安になられている方も、結局は良い方向に向かうはずです。
そうであるべきです。

がんばってください。 
応援してます。

はじめまして。私は都内の不妊専門クリニックから転院してKLC系列のクリニックで治療中です。「不妊治療はシロウトのとこいったらアカンよ」という、院長の説明会の言葉に衝撃を受けました。不妊治療を標榜していても、治療のレベルは都内だけでも相当な違いがあると私も実感しています。なので、ピノコさんのブログは多くの人に役にたつと思ってます。成功したことは表に出てきやすいですが、こういう経験をされて苦しんだ方は多いのに表面には出てきにくいですもんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★このブログ、励まされています★

はじめまして。投稿は初めてですが、ブログはとても興味深く拝見しています。不妊治療を始めて6年。病院の選択ができない田舎に住んでます。
今回読ませていただいて、いろんな意見があるんだなぁ~とつくづく感じました。ですが、それはホントに自己責任だと思います。こうしたブログって、病院批判とかよりも、みんなで気持ちを共有したいってことなんじゃないですかね?少なくても私は、「私1人じゃないんだ!」という感じである意味励まされてますから。
私は自分の治療のために、いろんな意見を参考にさせていただきたいのでこれからもブログ見ますね!

私は、このブログを最初に見た時から、どんな事が起きたんだととても先が知りたくなりました。
私も不妊治療をしているからです。
けど、これがもし自分の病院だったらと不安になる人の気持ち、とてもよくわかります。
たくさんのブログを読んで、病院によってやり方が違うって思う方は多いと思います。
けど、そんな不安の中、この先生を信じて行こうって頑張ってるんです。
ぴのこさんは、実際に経験されてのこのブログ。何も知らない人からにしたらかなり衝撃を受けただろうと思います。
現に私もそうです。
でも、今日の記事は、その信じる気持ちさえも間違いなんだって言う意味にとれてしまいました。
確かに、KLCのように、有名で実績のある病院に通える方はいいです。
でも、遠くて通えない、そんな方もいるのです。
こんな事もありました・・みたいなブログなら構わないんですが、不安があるなら転院しろみたいな事は言わないで欲しいです。

ぴのこさんだって、その時は信じてたわけですよね?
今、そう言われてもわからないと感じる方は多いと思います。
不安にさせた・・・って事は間違いないと思います。

私も最近転院しました。
前の病院のやり方にちょっと疑問があったから。
でも、私がやってもらってた治療内容を今の病院で話したら、悪い所かいいやり方だったそうです。
疑問、不安って人それぞれだと思います。
おかしいと思ったら、自分で転院とか決めると思いますし。

けど、ぴのこさんの治療に何が起きたのか。と言うのは、同じ治療をしてる者として知っておきたいです。

嫌な言い方をしてしまってすみません。

>AKYさん
いつもコメントありがとうございます。そんなふうに言ってもらえてすごく嬉しいです。
私こそいつもAKYさんには感謝しているんですよ(*^^*)

>ayuさん
多くの方の目に触れるということの意識が低かったです。文章力のなさについてもご指摘の通りです。
これから気をつけていかなければならないと反省しています。指摘されなければ気付かない事でした。ありがとうございます。

>yukiさん
私の拙い文章から真意を汲み取って下ったこと、本当に感謝します。嬉しいです。
yukiさんがおっしゃってくださるように、私のブログが不妊治療の向上に少しでも繋がることを願います。yukiさんのコメントから書く勇気をすごくもらいました。ありがとうございます。

>ふぐ子さん
「治療のレベルの違い」は都内ですら相当なものなのですね。
「不妊治療はシロウトのとこいったらアカンよ」この言葉に今改めて不妊治療の現状を実感せずにはいられません。「役に立つ」と言ってくださって嬉しいです。ありがとうございます。

>非表示コメントを下さったYさん
Yさんも大変な経験をされたんですね。そういったミスで受けるダメージは本当に辛いものですよね。
このブログがミス防止に役に立つことがあるのなら、ブログを書いていてこれ以上の幸せはないと思います。ありがとうございます。

>ぷいちゃんさん
おっしゃる通りです。同じ不妊で苦しむ人たちのことを私は仲間と言うか同志だと思っていて、同志に向けての情報発信のつもりでした。表現力の乏しさから不安を感じさせる記事が多くなってしまった事を反省しています。ぷいちゃんさんの参考に少しでもなれるようこれからもブログ頑張ります。

>りせさん
「遠くて通えない」私はまさにそんな方に知って欲しくてこのブログを書いているつもりです。私がそうでしたから。それが私の表現力の乏しさ、文章力のなさのせいで、不快にさせる結果になっていしまい申し訳ありません。反省します。

>コメント書いたものです。さん
みなさんの様々な意見を聞ける、よい機会を与えて頂きありがとうございます。
おっしゃることを心に留めてブログはもう少し続けていきたいと思っております。

>この記事を目にされたみなさんへ
頂いたコメントを読み、応援してくださる方々にたくさんのパワーを頂く一方で、不快に思われている方、不安を感じていた方もまたいたということを認識しました。
私自身は、誇張するでもなく、不安を煽る意図があるわけでもなく、一個人の体験として事実をそのまま書いていたつもりでしたが、認識不足と文章力の未熟さのため、このような結果になってしまったことを反省しています。

田舎のクリニックと最先端のクリニック、両方の不妊治療を受け、そこで私が知ったのは、あまりにも大きな技術格差、そして、Aクリニックの先生がKLCを紹介してくれず、私自身も無知のままで治療を続けていたら、私の場合は間違いなく一生子供ができなかったと言う真実です。

毎日が辛く苦しんでいた数年前の私のような人に、少しでもそれを知ってもらいたい。
そして、私が願う事は、技術格差がなくなり、どの地域でも、どの病院でも、正しい不妊治療が受けられるように、ということです。

今現在ブログの記事にしていることは、三年前の出来事で、私が不妊治療のゴールを見出す事が出来ていなかった頃のことです。当時の心情をそのまま書いていますので、ネガティブな表現や自分勝手な怒りなどもあるかと思います。この先、転院し「不妊治療は辛くないんだ」と言える日のことを書くまで、どうぞ長い目で応援お願いします。

私も間違いだらけの不妊治療を受けた一人です。

私の場合は、検査を軽視している怠慢な医者に当たってしまい、検査をしてもらえず重度の男性不妊を見逃されていました。2年間も!

2年間のうちに何度も検査をお願いしたのにしてもらえなかったこと、2年間原因不明で悩み続けたこと悔しくてたまらなかったです。

田舎で病院も選ぶこともままならず、患者は先生を信じるしかないという純真な心で(笑)接していた自分が馬鹿でした。
皮肉なことに不妊治療という命を育む所で、命を粗末に扱う医者もいるということを初めて知りました。(不妊治療では死に関係するような治療が少なく、受精卵を命と見ていない医者がいるということ)

ピノコさんはAクリニックを批判しているとは思いません。
なぜなら、私も通院していたクリニックのことを聞かれたら、私の身に起こった事実を教えるからです。
聞かれた人に話すのと、ブログで公言するのは違うかもしれませんが、事実を言っているだけで、そのことを聞いたり読んだりした人が、良く思うか、悪く思うかはいろいろあって当然です。
それを聞いて、これからどうするかを決めるのは本人の責任です。

ピノコさんのブログを読んでいると、とんでもない医者を信じていた自分の過去の傷が癒される思いです。馬鹿なことしたのは私だけじゃなかったんだ、と勇気づけられます。
これからも、楽しみにしています。

リナさんへ

リナさん、ありがとうございます。
リナさんのコメント、うなずきながら読みました。私も、先生はプロだろうと過信し、また不信感が芽生えてもなお、すがっていました。そんな過去の自分を思うと今だに切なくてどうしようもない気持ちになります。
批判ではなく事実。本当にそのつもりです。私のブログがリナさんの傷を癒やせるのだとすれば、すごく嬉しいです。

はじめまして

はじめまして 現在不妊治療中のMフラワーと申します。

ピノコさんのこの記事を読んで・・・立派な方だな、と感じています。
元々ブログは個人の自由な表現の場です。だからと言って道徳倫理なしに何でも書いていいかは別ですが、こうして目的意識をお持ちになって、ご自身の経験を綴ることに何の問題もないと思います。

不妊治療の現実。病院や医師によって大きな格差があることはご指摘通りですし、ピノコさん自身の体験を聞かせていただく貴重な場だと思っています。

大事なのは、個々がその内容に振り回されないだけの知識と判断力を持つことじゃないでしょうか。
確かにいろんな情報が交錯すると不安になることもありますよね。
でもその情報を どこから、どの程度自分に吸収するかは個人の力量ですよね。以前不妊セミナーでも言われたのですが「鵜呑みにして振り回されないこと」が必要ですよね。

ピノコさんのご経験として、こういうことがあった。それを客観的に聞かせていただけることは、個人的にとても有難いことです。
Aクリニックの医師にも感謝している。。。そういう姿勢も素晴らしいと思います。

長くなりましたが、これからもご自身の経験をこれまで通り表現していただきたいです。生意気に書いてしまってすみません・・・
頑張ってくださいねv-290


Mフラワーさんへ

私の体験を客観的に読んでいただき、嬉しいです。ご理解頂きありがとうございます。
「個々がその内容に振り回されないだけの知識と判断力を持つことじゃないでしょうか」
全くその通りだと思います。難しいことだけれど、自分もそうありたいと思っています。
こうして応援のコメントを頂く事がブログを続けるエネルギーになります。本当にありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oraklc.blog82.fc2.com/tb.php/70-9e9521d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ピノコ

Author:ピノコ
田舎在住・上京し加藤レディースクリニック(KLC)で不妊治療中です!!
⇒詳しいプロフィールはこちら

カウンター

 

参考図書

不妊治療はつらくない 」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
ブログランキング
参考になる不妊ブログがたくさんあります。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。