FC2ブログ

おらKLCさ行くだ。

卵管閉塞,体外受精,多嚢胞性卵巣(PCO),ラパロ(腹腔鏡手術)。地元でのへんてこな不妊治療に疲れ果てたボロボロの私でしたが、加藤レディースクリニック(KLC)を目指してついに上京!!不妊治療に対する認識が変わりました。今なら自信を持って言える!!不妊治療はつらくない!!

2018-09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

先生また懺悔

「大学病院でないと、
ラパロは出来ないから・・・」
と転院を勧められ、
納得しようとした私でしたが、
先生の態度におかしなものを感じました。


「先生、
B大学病院で、
やっぱりラパロが必要だと判断され、
ラパロをしてもらったとして、
その後は、
またこちらに戻って
治療してもらえばいいんですよね。」


と、当然のように聞いてみると、

先生
「私にはもうあなたの治療は出来ない。
自信がない。難しい。」



「ん?
ラパロをした後なら、
大丈夫ですよね。」


先生
「そうではないです。
私にはもう出来ない。」



「先生、前々回の、
hMGフジやヒュメゴンを使った時、
私はOHSSになってしまったけど、
『採卵には最適だ』って
おっしゃってたじゃないですか。
あのやり方じゃだめですか?」


先生
「そう簡単な話ではないんです。」


「私は仕事もしているし、
大学病院で治療するのは困難です。
ぜひこちらで治療を続けたいです。
お願いします。
大学病院でラパロを受けるとしても、
その後は、
こちらに戻ってきたいです。
先生、お願いします。」


先生
「私にとって、
あなたのようなケースは、
初めてなんだよ。
・・・・(沈黙)・・・・
あなたに一度でも体外受精をしたことを
後悔しています。
すごく後悔しています。」


・・・。

完全に懺悔口調なのです。

先生の懺悔を聞きながら、
私は内心、
『大げさだな~』
と思っていました。

確かにミスの連続ではあったけれど、
そのミスといったら、
まるでつまらないミスばかりで、
先生が、こんなに後悔するほどの
大事ではないはずなのに。

(・_・;?

(続く)




★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

コメント

なんだかドラマを見ているような感じですね・・・
でも、こんな先生がいていいのでしょうか??
しかも『不妊治療してます」って看板を掲げていることにも疑問が出てきますねv-404
私だったらブチ切れてるかも知れませんね・・・

AKYさん、本当にこんなドラマティックな体験を自分がするとは思いませんでしたよ・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oraklc.blog82.fc2.com/tb.php/51-9014fc66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ピノコ

Author:ピノコ
田舎在住・上京し加藤レディースクリニック(KLC)で不妊治療中です!!
⇒詳しいプロフィールはこちら

カウンター

 

参考図書

不妊治療はつらくない 」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
ブログランキング
参考になる不妊ブログがたくさんあります。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。