FC2ブログ

おらKLCさ行くだ。

卵管閉塞,体外受精,多嚢胞性卵巣(PCO),ラパロ(腹腔鏡手術)。地元でのへんてこな不妊治療に疲れ果てたボロボロの私でしたが、加藤レディースクリニック(KLC)を目指してついに上京!!不妊治療に対する認識が変わりました。今なら自信を持って言える!!不妊治療はつらくない!!

2018-09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

出生の秘密について

そんなわけで、
帝王切開で無事に生まれた子は、
すくすくと成長し、
我が家の宝物です。


1歳を少し過ぎた頃から話し始め、
2歳を過ぎた今、
会話はぺらぺら、
ひらがなは50音読めます。


「誰に似たのかしら~??ムフフ」
と浮かれて
親ばかしていられたらいいのですが、
やはり「体外受精」という言葉が、
頭をかすめます。


人間が一匹の精子を選ぶ顕微授精。


そして歴史の浅い凍結胚移植。


『それが頭の良さと関係あるの??』


はっきり言って関係ないと思いますが、
そんなふうに考えてしまう事があるのは
事実です。


しかし、それでも、
夫と私は、
おしゃべりが上手な事も、
ひらがなが読めることも、
ニュースになるほど特別な事じゃないということを
知っているし、
もう少し大きくなれば、
きっと凡人になるということも知っています。


「体外受精」のことを意識する割には、
本気で気にしているわけではないのです。



だけど、
もしこの子が、
自分が体外受精で生まれてきたことを
知ったら・・・。




変に特別意識を持ってしまったり、
そこを逃げ道にしたりしちゃうんじゃないか・・・。
(「自分がこうなったのも
体外受精で生まれたからだ!!」なーんて)






さらにもう一つ。


体外受精に対する偏見について。



ずっと昔に『試験管ベイビー』という言葉が
流行りましたが、
愛がなくても子供が産めるというような誤解。


そして、
「そこまでして欲しいの?」
「お金で子供を買うってこと?」
とか言う人たち。
(精子バンクと混同してる??)


的外れすぎて、
私自身は、
傷つく事さえなかったのですが、
この子も傷つかないと言える??



加藤院長の本には、
『誇りを持って、
(体外受精したことを我が子に)
話してあげてください。』

とあります。


初めてこの本を読んだ時、
涙をポロリと流しながら、
「そうしよう。
誇りを持って話してあげよう」

と思った記憶があります。


しかし、今。


この子に話す自信がありません。
そして、それはいつしか、
『出生の秘密』となって、
ますます言いづらくなりそうな気がします。




妊娠すれば、不妊の人も不妊じゃない人も、
同じ妊婦さんだと思っていた。
しかしそうではなかった。
(貴重児として区別があった。)



出産すれば、
不妊のことを意識しなくなると思っていた。

しかし、それも違ったようです。






まぁ、それでも、
愛ある日々には変わりありません。


待ちに待った、
我が家の新しいメンバー。


頑張って生まれてきてくれた。
そして、
私たち夫婦の夢を叶えてくれた。


感謝を込めて、
精一杯、真剣に、
育てようではありませんか。


無限の可能性を秘めた、
かわいい天使ちゃんに
ありったけの愛を!!


◆出典◆
不妊治療はつらくない」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社





★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

偏見がなくなればいいですね

はじめまして。
いままで読ませていただいてました。

貴重児という話、びっくりしました。
ただ授かる方法が違うだけなのにそういう扱いをされるなんて。
でも最近ではそういう扱いも少なくなってきてはいるのでしょうね。

私は26歳ですが、
体外受精や顕微授精の捉え方が
ピノコさんとはすでに少し違っている感じです。
そこまで特別なこととは思いません。
秘密ってほど秘密なこととも思いません。
だからこそ、あえて子どもに伝える必要はないと思います。

でも逆に、「いずれは伝えたいこと」だとも思います。
子どもに「こんなにもあなたに会いたかったのよ」という気持ちを伝えたい。
伝えるとしても、子どもが理解できる年齢になってからですかね。
子どもが結婚する前には伝えておきたいかもしれません。

ピノコさんと私で体外受精に対する捉え方が少し違うように、
私たちの子どもの世代ではもっと偏見が薄れていることを願いつつ…

おめでとうございました!

難しい・・・

このような問題は意識していませんでした
今の私は、伝える必要があるのか、無いのか
正直分かりません・・・
人それぞれ、考え方も価値観なども違うように
色々な意見があるでしょう
どれが正しいのか・・・正解があるのか?
いえるのは、辛い治療をしてまで授かりたいと願い
望まれて生まれてきたという事実
私の考えが今後どのように変化するかは分かりませんが
きっと、必要な時には話すだろうと思います

ピノコさんのお子さんは、2歳を過ぎて
日々、成長し新しい発見があることでしょうね
私もそんな日を夢見て・・・

※メールが届かなかったようで申し訳ありません
 再度送信しましたが、届かないようでしたら
 ご面倒でもまた、お知らせください。

ピノコさん、こんにちわ。
長く険しい治療の末に妊娠し、無事に出産されたのですね。本当に良かった。
体外受精で授かった子だと分娩を断られることもあるんですよね。私も調べていてそういうことがあると知った時は、自然妊娠の子と何が違うの?何故そんな扱いになるんだろう?と思ったのを思い出しました。

ピノコさんは、お子さんに出生について話すのを悩んでおられるんですね。私は実際まだ授かったわけでも生んだわけでもないですが、治療の末に我が子を授かることができた時には“胸を張って話そう”と決めています。主人も同じ意見です。

まだまだ不妊治療に関しては世間の偏った見方があるのは事実だと思いますが、私は不妊治療をしていることを回りにオープンにしています。やはり“そこまでして子供欲しいの?”って言う意見にぶつかる時もありますし、興味本位で色々聞いてくる人もいます。でも第三者の手を、医療の力を借りてでも愛する人の子供が欲しいと思うことを私は恥じていません。
考え方・感じかた人それぞれなのでピノコさんのように話すことをためらうような気持ちになる方もたくさんおられると思います。
でも、どう言ったら良いのかうまく言葉が見つからないのですが、、きっとピノコさんとご主人のお子さんなら理解してくれる“生んでくれてありがとう”って思ってくれるんじゃないかと思います。こんなに待ち望まれて生まれて愛されて…きっと思いは伝わるはずです。いつか、時が来たらこのブログを見せてあげて欲しい
勝手な意見ですが本当にそう思います。

このブログを通してピノコさんには本当にたくさんの勇気や励ましをもらいました。私はまだまだこれからで先がどんなに長くなるか検討もつきませんが、諦めずに頑張ろうと思います。
ありがとうございました!

マロさんへ

コメントありがとうございます!!

「体外受精や顕微授精を特別な事とは思わない」

マロさんのこの言葉は、すごく新鮮で強烈です。
でも、これこそが全く偏見のない意見なんだと思いました。

私が体外受精のことを周りに隠したり、当の本人(子供)に隠したりする事も、遠~い意味では、
偏見の助長につながるのかもしれないなぁって、考えてしまいました。

祝福の言葉、とても嬉しいです。ありがとうございます。

きつねさんへ

コメントありがとうございます!!
そうですね。「子供に話す」「話さない」を今、決める必要はないですものね。
自分も変われば、時代も変わるだろうし、必要な時に話す。それでいいのかもしれないですね。

きつねさんのコメントを読んで、私ももっと柔軟に考えようと思いました☆

メール、届きました!!
再送してもらって、ありがとうございます♪

とまとさんへ

お久しぶりです!!
とまとさんは、不妊治療をしていることをオープンにしているんですね。羨ましいです。私は周りに言っていないので、図らずも嘘をつく結果になったりして、後ろめたい思いをすることが良くあります・・・。
じゃあ、言えばいいじゃんって感じですけど、どうしても勇気が出ないんですよ。
結局子供に真実を伝えないっていうことも、≠隠す≠嘘をつく・・・ってことになりかねないので、自分でも納得しきった答えではないんですよね~。

とまとさんのコメントを読んで、「生まれてよかった」「パパとママの子供でよかった」ってたくさん思わせてあげようって思いました。そうすれば、いつか真実を伝える時がきても、うまく行く気がする。そういうことですよね。

とまとさん、もうすぐ採卵ですよね。「諦めずに頑張る」と言う言葉、私こそ勇気付けられます。頑張りましょうね!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oraklc.blog82.fc2.com/tb.php/144-b80d7f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ピノコ

Author:ピノコ
田舎在住・上京し加藤レディースクリニック(KLC)で不妊治療中です!!
⇒詳しいプロフィールはこちら

カウンター

 

参考図書

不妊治療はつらくない 」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
ブログランキング
参考になる不妊ブログがたくさんあります。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。