FC2ブログ

おらKLCさ行くだ。

卵管閉塞,体外受精,多嚢胞性卵巣(PCO),ラパロ(腹腔鏡手術)。地元でのへんてこな不妊治療に疲れ果てたボロボロの私でしたが、加藤レディースクリニック(KLC)を目指してついに上京!!不妊治療に対する認識が変わりました。今なら自信を持って言える!!不妊治療はつらくない!!

2019-08


通院回数とお金の話

まったくハッピーとは言えないながらも、
KLCの治療を終了しました。

KLCへの通院回数は、

初診+採卵周期3回+移植周期4回。

合計8回!!

地元のクリニックに比べると、
格段に少ないです!!

月に3~4回なら、
働きながらでも、
なんとか通えます!!



そして・・・



かかった治療費の総額は、
(夫の分やなにやら全て含めて)


約66万円!!


プラス交通費!!
(夫含めて9往復分)



た、高っ!!


一年かけて行った地元での治療
(ステップアップと体外受精+ラパロ)
の総額よりもわずかに高いです(-_-;)


通院回数が少ないことや、
注射の回数が少ないことで、
少しは負担が軽くなるのかな~と思いきや・・・。

基本料金が高いですものねぇ。

(;-_-) =3 フゥ


それでも、
トップクラスの技術と、
この結果ですから、
もちろん文句はありません(笑)


(文句ならむしろ国!!
助成金アップしてくれ~!!
保険診療にさせてくれ~!!)


さて。


これで不妊治療は終了となるわけですが、
その後の話を少し書きたいと思っています。



不妊治療が終わっても
不妊が終わったわけではないんですね~。


なるべく不妊に関わる部分に
特化して書くつもりですので、
よろしくお願いします。m(._.*)mペコッ




★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非表示コメントのSさんへ

コメントありがとうございます♪
なるほど~。凍結の方が妊娠率が上がるんですね。少しでも確率は高いほうがいいって思うのは当然ですよ!!

私はこの間採卵をしてきたのですが、やはり凍結胚盤胞が前提となっていて、試しに「希望すれば今週期戻せますか?」と聞いてみたら、「刺激による影響が出てるから無理」と言われました。KLCではその理由が大きいのかな~と思います。

もうすぐ採卵なんですね。山場ですね。良い卵ちゃんができるだけたくさん採れることを心から祈ります!!(数じゃないって分かってるけど、やっぱり多いほうがいいですよね(*^^*))

非表示コメントのMさんへ

コメントありがとうございます♪一緒に喜んでくださって、すごく嬉しいです。

Mさん、いろんな事情を抱えているのですね。焦る気持ち分かりますよ。本当に時間は待ってくれないですものね。

加藤院長は、原因不明不妊女性の98%以上はピックアップ障害によるもので、その場合、体外受精が最初で唯一の治療法と考えているらしいです。この考えに沿うと、体外受精が近道なのかもしれないですよね。本当に本当に、いろんな決断を迫られているんですね。一歩進むのにも、すごく勇気がいることと思いますが、それでも、その一歩を踏み出すMさんの勇気を応援したいです。35歳が一つの目安のように言われた事があります。どうか後悔しない方法で乗り越えられますように。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oraklc.blog82.fc2.com/tb.php/140-af6a318d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ピノコ

Author:ピノコ
田舎在住・上京し加藤レディースクリニック(KLC)で不妊治療中です!!
⇒詳しいプロフィールはこちら

カウンター

 

参考図書

不妊治療はつらくない 」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
ブログランキング
参考になる不妊ブログがたくさんあります。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: