FC2ブログ

おらKLCさ行くだ。

卵管閉塞,体外受精,多嚢胞性卵巣(PCO),ラパロ(腹腔鏡手術)。地元でのへんてこな不妊治療に疲れ果てたボロボロの私でしたが、加藤レディースクリニック(KLC)を目指してついに上京!!不妊治療に対する認識が変わりました。今なら自信を持って言える!!不妊治療はつらくない!!

2018-11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

Aクリニックに対しての気持ち

移植が正常に行われていないと知って、
はじめはもちろん怒っていました。

「じゃあ移植後の注射って何よ!!」

「あの妊娠判定何よ!!」

「転院騒動やラパロは何だったのよぉぉ!!」


\(*`∧´)/



しかし、KLCに行ってみて、
そのレベルの差に愕然とし、
A医師に対して、
感謝するようになりました。


だって本当に知らなかったんです!!

こんなにも格差があるってこと!!



体外受精ならどこでも同じ・・・とは言いすぎですが、
しかし、近くで通えるところで、
体外受精をしている病院があれば、
私はずっとそこにお世話になっていたでしょう。

東京に転院することなど絶対考えずに!!

私の場合は、
A医師が紹介してくれなければ、
KLCに出会うことはなかったのです。


そして、近県にこだわる私に、
他の病院を紹介せず、
どうしてもKLCを紹介した点でも
感謝しています。

その頃の私は、
体外受精をしている病院なら
どこでもいいと思っていたので、
近ければ近いほど、
ありがたがって転院していたでしょう。

しかし、A医師は、
私の受けが悪くても、
あくまでもKLCをピンポイントで
オススメした。
「とにかく転院してくれ。どこでもいいから。」
という態度ではありませんでした。


更に・・・。


加藤院長の本の中に、
両側の卵管を切除した患者さんの話が書いてあって、
この場合、胚盤胞でしか妊娠しないにも関わらず、
胚盤胞移植ではない体外受精を30回(!!)も受け、
当然30回全てに失敗したという事でした。
(その後KLCに転院し
一回の胚盤胞移植で見事妊娠したという)

これを読んだ時、
自分に、
もう一つの道があったことを知ったのです。

A先生がプライドの高い人で、
非を認めず、
何度も体外受精を繰り返し、
時は経ち、
私の体はボロボロになり、
妊娠はもはや絶望的という道・・・。

ぎゃぁぁぁぁ!!
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル



A医師が一回で、
諦めてくれた事!!

自分の限界を話し、
ミスを話してくれたこと!!

「あぁ、私ってむしろ幸運?」
とすら思ったくらいです。


いや本当に、ものは考えようですね。
(そして色々気付かせてくれる本ですね。)



しかし、ミスを認め、
正直に話してくれたこと、
これはやっぱりA先生の良心であり、
なかなか立派な事だと思うんです。


そうしない方法だってとれたわけだし、
そうしないドクターがいないとも限りませんから。


Aクリニックは、
私のブログの中では、
間違ってばかりの病院のようになっちゃってますが、
(事実そうだったしね。私には。)
実際は、予約がびっしりで、
数少ない不妊クリニックの一つとして、
この地域全体の不妊患者を引き受けていることを、
私自身、よく知っています。
また、多くの人を妊娠に導き、
大きな存在意義を持っていることも知っています。

その先生に、

「先生、東京の病院はすごいですよ!!
先生ももっとレベル上げてくださいよ!!」

とはちょっと言えないし、
仮に先生が

「よし!!東京に勉強に行ってくるよ!!」

となったら病院が休診になって、
困る人がたくさん出てきてしまいます。


私にとっても、
不妊治療のとっかかりは、
KLCレベルのクリニックでなくても、
近所の不妊専門クリニック、
それも平日の定時後や土曜日も診療してくれてる
ところが都合が良かったんです。

だから、
不妊治療が遅れていると言われている地方
(北の方と私は聞きました)における、
不妊治療クリニックのありかたとしては、
まずは存在する事、(ないと困るよ)
そして、自分の限界を知っていて、
無理な時は適切な病院を紹介できる事、

ではないかと考えるようになったのです。

そしてAクリニックのA医師は、
その役割を正しく果たしていたと
思っています。

そのことを理解した今、
怒りがないわけではないですが、
責める気はありませんし、
感謝の気持ちのほうが大きいです。



・・・しかし。




不妊患者は私だけではありません。

私はいろいろあったけど、
今は感謝して、水に流すよ!!
では、いけないと思っています。


やっぱりミスはミス、
おかしな治療はおかしな治療として、
確実にフィードバックされてこそ、
私も間違いだらけをしてきた甲斐が
あるというものです。



同じことを、
これから他の人が体験することがあったら、
悔しいですもの。


そんな訳で、
当時の気持ちは当時の気持ちのままに、
不満は不満として、
疑問は疑問として、
何より事実を事実として、
このブログを書いています。

それが、
ほんの微力ながらも、
不妊治療の向上につながると信じています。


そして、やっぱり東京まで行くのは大変ですよ。
全国どこでも、近場で、
適切な不妊治療が受けられるようになるのが一番ですよ。
そうなることを願って。


(明日から治療記に戻ります!!)




★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

こんにちは!

ピノコさん、お手数をおかけしまして本当にすみませんでしたm(__)m
携帯からだと、ピノコさんがおっしゃっていたリンクは反映されないみたいで、ブログトップのみしか選択できませんでした。

お陰様で最初からじっくり読ませて頂いてます☆

歩まれてきた長く険しいピノコさんの軌跡を、これから少しずつ読破していきたいと思います。

途中から読んでいましたので、最初の、出産という文字に早くも涙が滲みました。

ああ、良かった、頑張りはいつか報われるのだと、心の支えになりました。

本当にありがとうございますm(__)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

(⌒‐⌒)

そうかぁ。
ピノコさんの前向きな姿勢、尊敬します。

そうですね。
客観的に見たら 納得いかない部分も正直あるけど、Aクリニックの紹介で、可愛い天使を授かれたのは、事実ですもんね。

このブログが、たくさんの方の救いになってると思うし、辛い経験は、人を大きく成長させますもんね。

私もいずれは 2人目を!と思ってるので、ピノコさんのブログを参考にさせて頂きますね!!
ピノコさんの2人目も応援してますよ~(^-^)v

みやさんへ

こんにちは!!携帯からなのですね。リンク反映されていなかったみたいで、ごめんなさい!!
それでも最初から読んでもらえているみたいで良かったです。ありがとうございます。
私の拙いブログを読んで、ウルっとしてくれて、その優しさに私もウルっとしてしまいました。本当に嬉しいです。これからもよろしくお願いします!!

非表示コメントのSさんへ

あぁ良かった、本当に良かったと何度もつぶやいてしまいました。無事転院されたのですね。本当に良かったです。(しつこい・・・)
迷いがない気持ち、毅然と決断されたところ、立派だと思います。「とりあえず」だらけの治療からの脱却ですね。「新しいスタートができる」って素晴らしいです!!
現在の状況を教えてくださった事、とても嬉しいです。ありがとうございます。

チェリーさんへ

いつも、私の記事を読んでくださって、ともに怒り、ともに喜び・・・をしてくださっているチェリーさんに、今回の記事を理解してもらえて、本当に嬉しいです。ありがとうございます。
そうですね。辛い経験が人を成長させるっていうのは、本当に同感です。
このブログが少しでも参考になっているのなら、すごく嬉しいし、私もブログを通して、勇気を貰っています。ありがたいです。

2人目!!頑張りましょうね!!私も再(再々?再々々??)スタートの時です!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oraklc.blog82.fc2.com/tb.php/126-c25fd71a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ピノコ

Author:ピノコ
田舎在住・上京し加藤レディースクリニック(KLC)で不妊治療中です!!
⇒詳しいプロフィールはこちら

カウンター

 

参考図書

不妊治療はつらくない 」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
ブログランキング
参考になる不妊ブログがたくさんあります。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。