FC2ブログ

おらKLCさ行くだ。

卵管閉塞,体外受精,多嚢胞性卵巣(PCO),ラパロ(腹腔鏡手術)。地元でのへんてこな不妊治療に疲れ果てたボロボロの私でしたが、加藤レディースクリニック(KLC)を目指してついに上京!!不妊治療に対する認識が変わりました。今なら自信を持って言える!!不妊治療はつらくない!!

2008-06


胚移植周期が始まりました

平成17年8月4日 生理周期14日目

胚移植周期の始まりです。

5回目(胚移植周期では1回目)の上京です。

内診、その後、診察。

診察は、M医師でした。
ハ(゚▽゚v)ィェーィ♪

診察のたびに
「M医師でありますように!!
無理なら院長!!」

と強烈に祈っているのですが、
かなりの高確率で祈りが通じているように思えます。

M医師
「右から排卵したようだねぇ。
内膜は13ミリ・・・。」


「薄いですか?」

M医師
「厚いよ。」


( ´o`)ホッ


M医師
「今日、採血ね。
その結果でスプレキュアの時間が決まるから。
移植は、10日(D20)か11日(D21)のどちらか。」

___φ(。_。*)メモメモ


M医師
「何かある?」


「着床する可能性が
低くなる要素があるなら、
それを改善してから移植したいですけど、
何かありますか?」

M医師
「うーん。ないよ。」


「卵管水腫の心配は?」

M医師
「検査したけど大丈夫だよ。」


いつの間に?!(ノ゚?゚)ノ
抜かりのないことよ。


M医師
「いいかな?
じゃ、今日スプレキュアだからね。
採血しますから、前で待ってて。」


「はい。ありがとうござ・・・あっ。」


M医師
「なに?」



「戻す卵は1個ですか?」

M医師
「双子がいいの?」


「・・・(ちょっと考えたけど)いいえ。一人で。」

M医師
「じゃあ一個!!」


地元クリニックの体外受精の説明会での
「最大三個で、理想は二個」
という文言が頭に残っていて、
思わず確認してしまったのですが、
KLCにおいては愚問でした・・・。


その後採血。
採血結果は16時に電話で確認となります。
(※現在は「採血⇒採血の結果が出てから診察」
という流れですが、
この時は「診察⇒採血」でした。)

この日のお会計 2,210円

スポンサーサイト







★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

 | HOME | 

 

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ピノコ

Author:ピノコ
田舎在住・上京し加藤レディースクリニック(KLC)で不妊治療中です!!
⇒詳しいプロフィールはこちら

カウンター

 

参考図書

不妊治療はつらくない 」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
ブログランキング
参考になる不妊ブログがたくさんあります。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: