FC2ブログ

おらKLCさ行くだ。

卵管閉塞,体外受精,多嚢胞性卵巣(PCO),ラパロ(腹腔鏡手術)。地元でのへんてこな不妊治療に疲れ果てたボロボロの私でしたが、加藤レディースクリニック(KLC)を目指してついに上京!!不妊治療に対する認識が変わりました。今なら自信を持って言える!!不妊治療はつらくない!!

2008-06


Aクリニックに行ってきた

平成17年6月29日 生理周期10日目

Aクリニックに、
注射をしてもらいに行きました。

Aクリニックでは、
注射の予約だと、
先生の診察はありません。

この日も「注射の予約」だったので、
注射だけするつもりでいると、
なんと、診察室に呼ばれました。

まったく心の準備が出来ていないまま、
A先生とご対面です。


A先生
「加藤レディースクリニック、
行ったんですね。」

穏やかな方のA先生でした。
(冷たい人格と穏やかな人格がある)



「・・・はい。」

A先生
「あなたのことは、
ずっと気にしてたんですよ。」


「・・・。」

A先生
「(KLCに)行ったんだね。
良かった。」


超小声で
「ハイ・・・。」

私はA先生の顔を見て、
なんというか、
自分でも予想外なほどに、
いきなり感情が高ぶってしまいました。


A先生に言いたい事が次から次へと
とめどなく溢れてきました。


子宮口があったこと。


子宮外妊娠する危険性もあったって
言われたこと。


トワコーメソッドじゃない、
普通の方法で移植できること。



そして・・・。


KLCを教えてくれて
ありがとうという気持ち。



まぁ結局、
何も言えませんでした。

本当に一言も発せませんでした。

A先生は、
私が話すのを待っている様子でしたが、
うんともすんとも言わないのを見て、

A先生
「では、今日は注射、
ヒュメゴン75単位ですね・・・」

と、処置についての話をさらっとし、
診察は終了となりました。


診察室を出るときの
「ありがとうございました」
さえ、ろくに言えませんでした。

なんかもう、
気持ちが高ぶって、
混乱の中で、
涙まで出そうになってしまってました。

でも、ここで泣くくらいなら、
無口なままモジモジしていて、
正解だったと思います。


注射をしてくれる看護師さんは、
気楽に
「何回くらい行ったの?」
「混んでるの?」
などと質問をしてきて、
私も平静さを取り戻し、
「二回かな。」
「混んでます。」
などと答えました。

この日のお会計 0円(恩情会計??)


-------------------------------------------------------------------------

平成17年7月1日 生理周期12日目

この日もAクリニックで
ヒュメゴン75単位を
注射してもらいました。

先生との診察はありませんでした。

この日のお会計 0円(手間代とかいいの??)

-------------------------------------------------------------------------

(私のAクリニックに対する感情は、
なんというかややこしく、
明日そのへんを書こうと思っています。)
スポンサーサイト







★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

 | HOME | 

 

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ピノコ

Author:ピノコ
田舎在住・上京し加藤レディースクリニック(KLC)で不妊治療中です!!
⇒詳しいプロフィールはこちら

カウンター

 

参考図書

不妊治療はつらくない 」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
ブログランキング
参考になる不妊ブログがたくさんあります。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: