FC2ブログ

おらKLCさ行くだ。

卵管閉塞,体外受精,多嚢胞性卵巣(PCO),ラパロ(腹腔鏡手術)。地元でのへんてこな不妊治療に疲れ果てたボロボロの私でしたが、加藤レディースクリニック(KLC)を目指してついに上京!!不妊治療に対する認識が変わりました。今なら自信を持って言える!!不妊治療はつらくない!!

2008-04


入院三日目・手術当日

平成17年3月2日 生理周期16日目

朝7時のかんちょうに始まり、
9時に診察、10時に点滴、11時に尿管・・・
といきなり忙しくなってきました。

尿管・・・
(;-_-;)


ものすごく抵抗感がありました。
考えただけでも痛そう。
というか恐ろしすぎて
想像したくない~(>◇<)

実際は、
少しの痛みと違和感があるだけで、
何がどうなっているのかわからないまま、
素早く装着終了

しかし、この違和感がなんともいや~な感じ
気になって仕方なかったです。

私が尿管を気にして
もそもそしている間にも
看護師さんたちはテキパキ動き、
あっという間に準備完了
手術室に運ばれました。

手術室は広くて、
術衣を着たスタッフの方がたくさんいて、
天井には手術用のライトがピカーと光り、
ドラマの世界でした。

大きなマスクをした先生が顔を覗き込んで、
「麻酔するからね。心配ないからね。」
などと優しく声を掛けてくれました。
『ああ、麻酔科の岸部一徳Dr.か・・・』
と思っているうちに意識がなくなりました。


(Θ_Θ).。o0O○


目が覚めると、
看護師さんと母がいました。

まず初めに
「ここはどこ?」
と聞きました。

看護師さんが
「ナースセンターのすぐ隣の部屋だよ」
と教えてくれました。

母は、手術中ずっといてくれたらしいのですが、
私が目を覚ますとすぐに、
家で留守番させている愛犬が気になると言って、
帰ってしまいました。
(◎_◎;)

看護師さん
「どこか痛いところはある?」


「喉が・・・すごく痛い」

看護師さん
「麻酔を喉から入れていたからだね。」

しかし病室に戻るころには、
喉だけじゃなく、お腹、肩、首も痛み出しました。

寝返りはもちろん、
ちょっと体をずらしただけでもお腹が痛い・・・。

コアマッスルとはよく言ったもので、
何をするにもお腹に力が入ることを
実感しました。

力が入るたびに激痛・・・(>o<;)

喉と唇が乾きました。
絶飲食だったので、
せめて唇を湿らせてもらいたい、
部屋を過湿してもらいたいと思いましたが、
どうにもならず、
夜、夫が来るのをひたすら待ちました。

昨日までの、
ぴんぴん動き回っていた自分が
嘘のようでした。
スポンサーサイト







★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

 | HOME | 

 

カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ピノコ

Author:ピノコ
田舎在住・上京し加藤レディースクリニック(KLC)で不妊治療中です!!
⇒詳しいプロフィールはこちら

カウンター

 

参考図書

不妊治療はつらくない 」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
ブログランキング
参考になる不妊ブログがたくさんあります。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: