FC2ブログ

おらKLCさ行くだ。

卵管閉塞,体外受精,多嚢胞性卵巣(PCO),ラパロ(腹腔鏡手術)。地元でのへんてこな不妊治療に疲れ果てたボロボロの私でしたが、加藤レディースクリニック(KLC)を目指してついに上京!!不妊治療に対する認識が変わりました。今なら自信を持って言える!!不妊治療はつらくない!!

2008-01


原因不明不妊スパイラル

両側卵管閉塞・・・
自然妊娠は諦め・・・
体外受精・・・


どれも、自分には関係ないと思っていた、
なじみのない、絶望的な言葉でした

でも、今思うと、
私ってとってもラッキー!!
なのです。

私の手元にある不妊治療の本によると、
『多くの女性は原因不明で不妊』
なのだそうで、
『原因不明であるがゆえに、
自然妊娠ができると診断され、』

(不妊の原因がないということだから)

『何年もの間、排卵誘発剤を打たれ、
結果、その副作用で難治性の不妊症になる』

というパターンが多いそうです。

その本を書いた先生は、
経験上、原因不明で不妊の場合、
『98%はピックアップ障害が原因』
と断言します。

ピックアップ障害の場合、
体外受精しか妊娠する方法はありません。

つまり、

原因不明で不妊の場合は、
結局は体外受精しか妊娠の方法は無いのに、
多くの場合は、
自然妊娠できると診断されてしまい、
薬の副作用でどんどん妊娠できない体にされてしまう。


体外受精に踏み切る頃には、
治療開始から何年もたち、加齢も加わって、
さらに可能性が低くなるという、
不妊スパイラル(←今作った)
に陥るのです。

(本に書いてあることを
私なりにかいつまんで書いていますので、
正確ではありませんが、
まあだいたいそういうことだと私は解釈しています。)

私も原因が分からなければ、
いきなり体外受精するはずはなく、
この不妊スパイラルに陥っていた可能性が高いと思います

ですから、
初期の段階で、
卵管が詰まっているという原因が判明できた
ことは、
すごく良かった
と今なら思うのです。

自然妊娠は諦めなければいけない、
体外受精しか方法はない、

と確固たる動機がつけられたのですから。

・・・ただし!!
ここでもまたトラップがあるのです!!


自然妊娠はできないと証明できたにも関わらず、
やっぱり自然妊娠を目指すという・・・

これは、
多くの病院で行われているステップアップ治療と呼ばれるものです。
先生自ら、「体外受精しか方法はない」と言っておきながら、
いきなり体外受精には行かせてくれないのです。
やっぱり自然妊娠をさせたがるのです

(続く・・・)

◆出典◆
不妊治療はつらくない」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社

スポンサーサイト







★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

 | HOME | 

 

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ピノコ

Author:ピノコ
田舎在住・上京し加藤レディースクリニック(KLC)で不妊治療中です!!
⇒詳しいプロフィールはこちら

カウンター

 

参考図書

不妊治療はつらくない 」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
ブログランキング
参考になる不妊ブログがたくさんあります。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: