FC2ブログ

おらKLCさ行くだ。

卵管閉塞,体外受精,多嚢胞性卵巣(PCO),ラパロ(腹腔鏡手術)。地元でのへんてこな不妊治療に疲れ果てたボロボロの私でしたが、加藤レディースクリニック(KLC)を目指してついに上京!!不妊治療に対する認識が変わりました。今なら自信を持って言える!!不妊治療はつらくない!!

2019-10


OHSS

平成16年6月15日 生理周期24日目

内診をしてみると、
まだお腹に卵が
ゴロンゴロンとありました。

どおりでお腹も張っているはずです。

この状態を
卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
というのだそうです。

先生は今日も、
「注射が効きすぎた」
というようなことを言っていました。

来月の妊娠も難しいそうです。

しかし、先生は、
自信満々の様子です。

先生
「あなたの卵のことは大体分かりました。」

(*゚ロ゚)(エッッ??)
先生
「もうこんなに注射を打つようなことはしません。」

(*゚ロ゚)(・・・そりゃそうだろう)
先生
「少し体を休ませて、体外受精をしましょう。」

大失敗に終ったと思っていましたが、
収穫があったようです。
よかったです。

この日のお会計
内診とバファリンとデュファストン 2,030円



スポンサーサイト







★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

結果・・・失敗!!

平成16年6月9日 生理周期18日目

内診しました。
すると、
なんということでしょう・・・

排卵したはずが、
お腹にはゴロンゴロンと、
たくさんの卵ちゃんが残っているではないですか!!

排卵してなかったのです・・・

まさか、こんな失敗があるなんて・・・

(゚◇゚)~・・・


私は、一昨日の注射が、
『hCG2000』だったことを疑いました。

看護士さんに
「本当は5000打つんだけど、
今日は2000」

というような説明をされたのです。

注射の量が少なくて、
排卵されなかったのでは??

と思いました。

しかし、先生いわく、
それはないとのこと。

むしろ、
「(その前の)注射をたくさん打ちすぎた」
と言うのです。

卵胞を育てる注射
(フェルティノームとかHMGフジとかヒュメゴンとか)
をたくさん打ちすぎて、
卵が大きくなりすぎ、
排卵しなかった・・・

ということらしいです。

事前の話では、
こういうことが起きないように、
こまめに内診するということで、
実際、毎日のように診察していたのに、これ??

一昨日は自信満々で
「卵が大きくなっていて、すごくいい」
と言っていたのに・・・
(ーー;)

なんだか腑に落ちませんでした。

ちなみに、
今から排卵しても、
このような悪い状態では受精しないそうです。

血液がドロドロになる可能性があり、
その対策としてバファリン7日分が出されました。

ホルモン値と血液のドロドロ度を調べる血液検査をしました。

がっかり・・・。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

この日のお会計
内診とバファリンと血液検査 2,030円






★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

 | HOME |  次頁へ移動する»

 

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ピノコ

Author:ピノコ
田舎在住・上京し加藤レディースクリニック(KLC)で不妊治療中です!!
⇒詳しいプロフィールはこちら

カウンター

 

参考図書

不妊治療はつらくない 」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
ブログランキング
参考になる不妊ブログがたくさんあります。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: