FC2ブログ

おらKLCさ行くだ。

卵管閉塞,体外受精,多嚢胞性卵巣(PCO),ラパロ(腹腔鏡手術)。地元でのへんてこな不妊治療に疲れ果てたボロボロの私でしたが、加藤レディースクリニック(KLC)を目指してついに上京!!不妊治療に対する認識が変わりました。今なら自信を持って言える!!不妊治療はつらくない!!

2018-11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

みなさんへ。不安を与えてしまってごめんなさい。

先日、このようなコメントを頂きました。

--------------------------------

(「現在不満を感じながら通院している。
このブログは自分の通っている病院のことではないか。
だとすれば今後の治療を考えたいので県名だけでも教えて欲しい」
とした上で)

(・・・略・・・)
正直いうとこういうふうに書かれると
田舎でそして北国で不妊治療している人にとっては
とても不安です。
もしこの病院が自分が通院している病院だったら・・・
ととても不安になります。
ましてや読んでいると
「あれ?この病院・・まさか・・・」
と思い当たる病院があるので。。。
書くのはいいのですが
「北国で間違いだらけの不妊治療」
北国で不妊治療している人の気持ちも
考えてほしいです。
--------------------------------




少しでも多くの方に参考になれば・・・
と思い始めたブログでしたが、
参考になるどころか、
不安・ストレスを増やす結果になってしまって、
本当にごめんなさい。

私がブログを始めてから、
たくさんの方から非表示のコメントやメールを頂きます。
そのほとんどの方が、
「自分も同じような疑問を感じたり、
ミスをされたりしながら治療をしている」
というものです。
こんなにも多くの方が、
疑問だらけの治療をしているのか・・・と
驚いていますし、
なんとかならないものかと、
もどかしい気持ちで一杯です。

「自分の県のことではないか」
というメールもいくつか頂きます。

今まで、その質問にはプライバシーの関係で
答えてきませんでしたが、
今後も「ノーコメント」とさせて頂きたいと思います。
失望させてしまってごめんなさい。

でも、これだけは伝えたい。書かせてください。
自分の県だと分かったらどうでしょうか?
すぐにでも転院しますか?

また、自分の県じゃないと分かったらどうでしょうか?
しばらくは今のまま通院しますか?

私は、特定の病院を
批判しているのではありません。

間違いだらけの不妊治療は、
全国どこにでもあると思います。

私のブログが、
自分の県じゃないからといって
安心できるでしょうか。

今現在、疑問を感じながら治療しているという事実は、
変わらないのではないでしょうか?

私は、しなくてもいい治療を受け、
本当に苦しみました。
不妊治療は本当に辛いものだと思っていました。
ゴールまでの道のりが果てしないものに思えていました。
それこそ、真っ暗な長い長いトンネルを、
足を引きずりながら歩いているようなものです。

しかし、体外受精の実績でトップクラスの病院に転院してみると、
あっさりとそのトンネルに光が射したのです。

「病院間の技術の格差はこんなにもあるのか。
そしてそれに私たち患者は悩まされているのか。」
本当にそう感じました。
もちろん、私たち患者自身のコンディションの事情もあります。
それも辛い。
しかし、ドクターの曖昧な態度、
「とりあえず」の治療、
不信感に悩まされている方のほうが多いのではないでしょうか。

今までのAクリニックの記事を読んで、
Aクリニック批判に感じている方も多いと思います。
しかし、私はAクリニックには感謝しているんです。
KLCを紹介してくれたのはAクリニックですから。
どこも紹介せず、
何年も治療を続けるという選択もあったはずです。
自分の限界を正直に話し、
受け皿として東京の病院を紹介してくれた
先生に感謝しているんです。
(このへんの話は今後書こうと思っています。
現時点のブログではここまで言及していないので
理解しにくい点もあると思います。)

今現在、
Aクリニックに通っている方もたくさんいると思います。
私はその方々に、
「Aクリニックはやめたほうがいい」
と言うつもりは全くありません。
Aクリニックで妊娠された方もたくさんいると思いますし、
納得のいく治療を受け、通院されている方もたくさんいると思います。

結局は、自分が先生との間に信頼関係を築けているか、
納得のいく治療を受けているかどうかなのではないかと思います。

もちろん、こう書くのは簡単ですが、
実践するのはすごく難しいです。
でも、結局のところ、そうだと思うんです。

満足のいく治療を受けている場合は、
このブログが自分のクリニックのことだと分かっても、
通院を続けるべきだし、
疑問だらけの治療を受けている場合は、
このブログが自分と関係ないクリニックのことだとしても、
先生との関係を築きなおすか、
転院を考えるべきだと思います。

私は初め、
東京より北は不妊治療が遅れていると思っていました。
それで北国と書きました。
しかし、南の方からも東京からも、
共感のメールを頂いています。

それが紛れもない不妊治療の現状なのだと痛感しています。

今まで、
質問を受けても答えを保留にさせていただいていた皆さん、
本当にごめんなさい。
どうか、ご理解いただけることを願います。
スポンサーサイト




★いよいよラストスパートです。
ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


スポンサード リンク

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ピノコ

Author:ピノコ
田舎在住・上京し加藤レディースクリニック(KLC)で不妊治療中です!!
⇒詳しいプロフィールはこちら

カウンター

 

参考図書

不妊治療はつらくない 」 
加藤レディスクリニック(KLC)院長
加藤修 著 主婦の友社
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
ブログランキング
参考になる不妊ブログがたくさんあります。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。